おおたに内科医院

新着情報

消化器内科と胃カメラ、経鼻内視鏡

消化器内科では主に、胃や腸などの消化器、肝臓や胆のうなどを診察しています。

診察に欠かせないのが胃カメラ及び経鼻内視鏡です。
これらを使う検査で発見できる病気はポリープ、胃がん、大腸がんなど大きな病気です。
定期的に検査を受ければ早期に発見でき、迅速な治療は可能です。

しかし、「胃カメラは飲む時に苦しい」という声もあります。
苦しいのは喉が波うつことにより少し酔った感触になるからでしょうか。
それにより胃カメラの検査に抵抗を持つかたもいらっしゃるようです。

当医院では比較的苦しみが少ない、鼻から挿入する経鼻内視鏡も取り入れております。
1
年に1回程度の定期的な検査受診をおすすめします。

大阪府茨木市にある内視専門医のいる当院は、地域のみなさまの健康を見守り、サポートいたします。

一覧ページに戻る
top